サービス

株式会社富士防のご提供するサービス

「株式会社富士防」では建物の規模を問わず、マンションやビルの修繕工事をうけたまわっております。
建物を劣化から守るには、防水対策が欠かせません。

当社ではウレタン塗膜、防水マット、アスファルトシートによる防水工事や、ガラス窓・サッシ周辺からの雨水の浸入を防ぐシーリング工事など、建物を水から守るためのさまざまなご要望に幅広くお応えしております。
紫外線や風雨によってダメージを受けた外壁の修復を兼ねた塗装も、おまかせください。
こちらでは当社のサービス内容を一覧でご紹介します。

サービス一覧

当社対応防水工事
ウレタン塗膜・
ハイブリッド二重防水工法
「特殊ゴムシート」と呼ばれる通気(絶縁)マットを敷きつめ、その上からウレタン塗料を塗ることで水密性に優れたウレタン塗膜を形成します。
塗膜なので継ぎ目もなく、高い防水性が得られます。
アスファルト防水工法 薄いアスファルトシートを重ねて防水層を形成します。

など

防水工事について詳しくはこちら

外壁塗装工事
定期的な外壁塗装 建物の美観を守ると同時に経年劣化によるクラック(ヒビ割れ)の発生を防ぎ、雨水の浸入を防止します。
当社では建物の構造や築年数などを考慮して塗料や塗装のタイミングを決定し、ハイレベルな施工をご提供しています。

外壁塗装工事ついて詳しくはこちら

下地補修工事
シーリング工事 サッシや換気扇周り、外壁パネルの目地などには、季節による部材の収縮を吸収して衝突を防ぎつつ、水の浸入を防ぐ「シーリング材」という素材が用いられています。
シーリング材が経年劣化してヒビ割れや収縮が起こると、そこから雨水が浸入するので、新しいシーリング材を充填します。
クラックの補修 小さなヒビをそのままにしておくと、そこから雨水が浸入して内部の鉄筋を錆びさせ、建物の寿命が縮まる恐れがあります。
小規模な補修もお気軽にご相談ください。

下地補修工事について詳しくはこちら

こんな症状は危険信号!お気軽にご相談を

  • 屋上の表面が泥や砂で見えにくい
  • 水たまりができている
  • クラックが入っている
  • 外壁材が剥がれているところがある
  • 目地にコケや草が生えている
  • 目地にヒビが入っている
  • ドレン(排水口)にゴミが詰まっている
  • 外壁を手で触ると白い粉がつく
  • 外階段などの鉄部に、サビや穴がある

大規模修繕工事について

株式会社富士防ではマンションやビルの屋上などの防水工事だけではなく、外壁改修工事などの大規模修繕に関しても手掛けています。
弊社では公共事業を始め数々の修繕工費を行ってきましたが、危険な地域の工事など、わずかなミスも許されない高精度な技術とノウハウが要求される施工においても、お客様にご満足いただけるサービスを常に展開して気ました。

外壁改修工事は、お客様の財産価値(資産価値)を高めるものです。
だからこそ、より最先端でより高い技術が求められます。
“外壁リフォーム”という施工技術の開発は、業界でもまだ28年という歴史の浅いものですが、その中でも私たち富士防は、すでに約20年という多彩な実績を誇り、街の美観を守ると同時に建物の耐久性や建築年数などを緻密に考慮したハイレベルな技術で施工・工事を行っています。

管理組合の皆様へ
大規模修繕工事のご案内はこちら

建物を守るハイレベルな施工をご提供
お問い合わせはこちら

ページトップ