下地補修工事

建材の衝突を防ぎつつ、雨水を食い止めるシーリング工事

建物の部材は季節の温度変化によって、ほんのわずかな膨張と収縮を繰り返しています。
その部材同士が衝突するのを防ぎながら、雨水の浸入も食い止める役割を持つのがシーリングです。
サッシ周りや換気扇周り、外壁材の目地などに使われています。

シーリングが経年劣化でヒビ割れたり収縮したりすると、建物に雨水が浸入するので、定期的なメンテナンスが必要です。
「株式会社富士防」では、東京・神奈川を中心とした関東一円でビルやマンションのシーリング工事もうけたまわっております。

富士防のシーリング工事

シーリングの打替え工事

シーリングの打替え工事

ガラス周りやサッシ周り、換気扇周り、外壁パネル材の目地に使われているシーリング材が経年劣化すると、柔軟性を失ってヒビ割れたり縮んだりします。
その古いシーリング材を丁寧に撤去し、新しいシーリング材を充填します。

水密性や気密性を保つシーリング工事

部材の衝突を防ぎ、浸水を防ぐ

建物の部材は気温の変化で膨張と収縮を繰り返すため、ぴったりのサイズでつくると部材同士が衝突して傷んでしまいます。
そこで建材が互いに干渉しないようゆとりを設けていますが、隙間があいていると雨水が建物の構造に入り込み、強度が損なわれます。
適度な柔軟性を持つシーリング材は、部材同士の隙間を埋めながら衝突を防ぐ大切な役割を担っているのです。

シーリング材の寿命

シーリング材は気温の変化に弱く、耐用年数は5~10年ほどといわれています。
収縮やヒビ割れ、剥がれが起こると雨漏りや建物の劣化の原因となるので、外壁と同じく定期的なメンテナンスを施しましょう。
シーリング工事には足場が必要となるため、外壁塗装工事などと同時に施工すると、単独で施工するよりもコストが抑えられます。

シーリング工事 施工の流れ

下地の清掃と確認

Step1 下地の清掃と確認

下地の乾燥状態を確かめ、塗料の密着性を高めるために乾拭きで汚れやゴミを取りのぞきます。
さらに溶剤を浸した布で清掃します。

バックアップの装填

Step2 バックアップの装填

外壁材の種類によって、収縮の大きなものはシーリング材を2面接着にするため、シーリングと接着しない性質を持つバックアップ材を装填します。
収縮の小さな外壁材の場合は3面接着でも問題ないため、バックアップ材を使用しません。

マスキングテープの貼付

Step3 マスキングテープの貼付

施工面以外にシーリング材が付着しないよう、マスキングテープを貼って保護します。

プライマーの塗布

Step4 プライマーの塗布

外壁材やシーリング材に適したプライマーを選び、刷毛などでしっかりと塗布します。

シーリング材の充填

Step5 シーリング材の充填

目地の幅に合ったノズルのコーキングガンで、丁寧にシーリング材を充填します。
充填後はすぐにヘラで表面を仕上げます。

清掃

Step6 清掃

マスキングテープを取りのぞき、目地の周辺に付着したシーリング材などをきれいに拭き取ります。

富士防のクラック補修

クラック補修

特殊な注射器を用い、エポキシ樹脂を注入してクラックを補修する方法を採用しています。
注入後は外壁と同じ色で塗装を施すため、目立ちません。

建物の外観と強度を保つクラック補修

建物をいつまでも万全の状態にするクラック補修

気温によるコンクリートの膨張や収縮により発生するクラックは、そのままで放置していると、ひび割れから雨水が浸入し内部の腐食を招き、ひいては建物の寿命を縮めてしまいます。
これらは特に日差しを強く受ける南側を中心にクラックは顕著に見られる傾向があります。

定期的な補修で被害拡大を抑えられます

他の劣化に関してもそうですが、点検や調査を定期的に行うことで、雨漏りなどの大きな修復が必要な深刻な事態になる前に対処が可能になることがあります。
こうしたことで費用に関しても抑えやすくなります。

丁寧な施工で建物を守ります
お問い合わせはこちら

ページトップ