防水工事

建物の資産価値と快適性を守る防水工事

ビルやマンション、校舎の屋上やバルコニー、ベランダに施される防水工事
施工には耐久性や耐候性に優れた素材が用いられますが、紫外線や風雨にさらされる過酷な環境下では、思っている以上に経年劣化が進んでいることがあります。
雨漏りや天井にできたシミを見て、屋上防水の劣化に気づくケースも少なくありません。

雨水が建物内部に浸入すると、柱の腐食や悪臭などのさまざまなトラブルを引き起こします。
鉄筋建築の場合は鉄筋が錆び、強度に問題が出る上に、サビで体積が増えるのでクラック(ヒビ割れ)や爆裂によるコンクリート片の落下、タイルの剥離の原因となることも。
通行人がケガをして賠償責任が発生する可能性もあるので、定期的なチェックとメンテナンスを欠かさないようにしましょう。

「株式会社富士防」では埼玉県を中心に、関東全域で防水工事に携わっております。
防水のことなら、豊富な実績を持つ当社にお気軽にご相談ください。

富士防の防水工事

ウレタン塗膜・ハイブリッド二重防水工事

ウレタン塗膜・ハイブリッド二重防水工事

厚みが均一な通気(絶縁)マット(特殊ゴムシート)を敷きつめ、その上からウレタン塗料を塗ってウレタン塗膜を形成する防水法です。
水密性に優れた継ぎ目のない防水層が形成でき、高い防水性が得られます。

アスファルト防水工事

アスファルト防水工事

薄いアスファルトシートを何層も重ね合わせ、防水層を形成する工法です。
溶解したアスファルトは粘着性を持つため、水の浸入を防ぐ接着剤として働きます。

FRP防水工事

FRP防水工事

ガラス繊維などによって強化した繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)を、屋根材として用いた防水方法です。

建物にぴったりの工法をご提案
お問い合わせはこちら

ウレタン塗膜・ハイブリッド二重防水工法 施工の流れ

下地確認

Step1 下地確認

まず、下地の水分が10%以下であることを確認。
通気(絶縁)マットが浮かないよう突起物を取りのぞき、凹凸を平らに仕上げる作業を行います。

プライマーの塗布

Step2 プライマーの塗布

ローラーもしくは刷毛を用いて、プライマーを均一に塗布します。

接着剤の塗布、マット貼り

Step3 接着剤の塗布、マット貼り

接着剤を均一に塗布し、乾かないうちに速やかに通気(絶縁)マットを貼りつけます。
マットを貼るとすぐに、浮かないようローラーで転圧します。

マットジョイント処理、脱気筒取りつけ

Step4 マットジョイント処理、脱気筒取りつけ

マットとマットのジョイント部を突き合わせ、全面にウレタン塗料を塗布します。
下地に含まれる水分が膨張して防水層が浮かないよう、補強用メッシュを切り抜いて脱気筒を取りつけます。

端末部の処理

Step5 端末部の処理

マットの端末部にウレタンシーリング材を三角打ちし、雨水の浸入を防ぎます。

防水材の塗布

Step6 防水材の塗布

金ゴテやゴムベラ等で、均一に防水材を塗布します。
通常は2回塗りです。

トップコート仕上げ

Step7 トップコート仕上げ

ローラーや刷毛、スプレーによって、トップコートを均一に塗布します。

防水工事の果たす役割

生活環境悪化を招く浸水を食い止めよう

生活環境悪化を招く浸水を食い止めよう

建物は築年数が経つにしたがって、徐々に劣化していきます。
構造や防水工法の種類によって劣化の程度は異なりますが、外壁や屋上にクラックなどの症状があらわれるようになります。

そこから雨水が建物内部に浸入すると、天井のシミや悪臭、腐食の原因となり、建物の寿命が縮まる上に生活環境の悪化につながるかもしれません。
防水工事は建物を劣化から守り、そこに生活する方の快適な暮らしや健康を守るために必要なものです。

建物の骨格を蝕む防水層の劣化

建物の骨格を蝕む防水層の劣化

ビルやマンションにおいて、鉄筋はいわば建物を支える骨格のような存在です。
その鉄筋をいかにサビから守れるかによって、建物の寿命が決まるといっても過言ではありません。

雨水によって鉄筋が錆びると、体積が増えてコンクリートを押し出します。
サビの原因は水と空気なので、外壁や屋上の防水層を定期的にメンテナンスすることで、建物の老朽化を防ぎましょう。

建物を守るハイレベルな施工をご提供
お問い合わせはこちら

ページトップ